MENU

スマホのガチャは結局課金に問題がある

スマホにおけるソーシャルゲームのガチャはその多くが課金することで利用できる仕組みとなっており、無意識に多額のお金を使ってしまう利用者の心理状態が問題視されています。

 

特に未成年の利用者が高額課金を行い、運営企業へ対する返金問題に進展する例も存在し、上限金額を設けるなどトラブルが発生しにくいシステムの構築が求められます。
スマホゲームのガチャは1回当たりの金額こそ比較的安価であるものの、レアな景品を引くためには数十回から数百回の試行回数を要する傾向とされ、目当ての景品を引くまでに数万円以上の出費となってしまう可能性が高い現状にあります。

 

これらは、くじ引きと似た仕組みで構築されている一方で、ゲームを進行させるのに有利となるレア景品の排出率が数パーセント以下という極端な設定が原因で生じています。
機械的な乱数で景品の内容が変動する都合上、一定の金額を課金すれば必ず目当てのものが入手できるとは限らず、タイミングや運に結果が左右されるコンテンツであることを理解してガチャを利用するのが望ましいです。

 

そのため、スマホゲームの課金をする際においては予めガチャで使う金額及び回数を決めておくことが重要で、使いすぎに注意しつつ計画的に利用するべきといえます。

 

また、スマホゲームの大半はガチャによるレア景品の排出率を明記しておらず、国内では利用者に対する法的な救済が存在していない理由から、利用者自身で課金要素を管理しなければなりません。
レアな景品に対する排出率の明記は法律などで制限されていない要素に該当し、ガチャをコンテンツとして運営する場合でも違法とされませんが、トラブルを回避する目的で現在は自主的に確率の公表を行っている企業も存在します。

このページの先頭へ